FC2ブログ

焼いて粉(コ)にして屁で飛ばせっ!!

QLOOKアクセス解析
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

〜愛犬の耳に命を懸ける女〜 さっこの奇行シリーズ第2弾

〜愛犬の耳に命を懸ける女〜 さっこの奇行シリーズ第2弾


再びランキングに参加し始めました。

もしよろしければ、下のバナーに応援クリックをしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


さぁ、今回も揃って


山中湖へ出掛けた『 ポンコツ荘御一行様 』である。


まずは素晴らしいこの一枚をどうぞ♪



 そして富士山をバックに、『 キリリとした面持ち 』で写る愛犬ガブリエル ↓



写真をご覧になった読者の中には、さっこさんは随分『 格好のいい洒落た犬 』を連れているな〜と


感心された方もいらっしゃるかもしれない....。


しかし、さっこの愛犬ガブリエルは、常にこんな二枚目の表情をしているわけではない。


 


実は彼(ガブリエル)のこの英国紳士のような『キメ顔』には ある秘密があるのだ....。


というわけで、本日はガブリエルの


『その秘密』とやらに迫ってみるとしよう。


 


ガブリエルはエアデールテリアという犬種である。


この犬種を育てるにあたっては、小さい頃に『耳貼り』というものが必要になる。


耳貼りとは、エアデールの耳を よりカッコイイ耳にするために、


犬の幼少期に糊のようなもので耳の形を整える作業だ。


そうなのだ。


エアデールテリア特有の、この『新品の折り紙でキチッと折られたような三角形の耳』は


生まれつきで備わっている訳ではないのだ。


それは正しく、日々のオーナーさんの『小まめな努力』の賜物なのである。



しかし誰よりもズボラなさっこさん、


案の定、ガブリエルの幼少期に この『耳貼り』をすっかり怠ってしまった。


 


そしてその後.....ガブリエルがいよいよ成犬になろうという時期にやっと


ガブリエルが他の姉弟犬と ちょっと違った耳をしているに気がついたのである。


 


締りのない顔で笑う男 ↓



 


それに比べて、キリリとした美しい姉弟犬『蘭ちゃん』 ↓



どんな時も、緩みっぱなしの彼 ↓


 


その時私はたいそう焦って


ガブリエルの通っているトリミングサロンに駆け込み、そして店長さんに泣きついた。


『 なにとぞなにとぞ、我がガブリエルの耳をお直しくだせ〜。』と....。


 


今思い返せば、その時エクソシストばりの形相でさっこバーさんに頼み込まれた店長さんは


内心どんなに怖かったであろうと思う。


 


しかし彼は実に、男気あふれる爽やかな青年であった。


そして、( さっこバーさんのすごい勢いに怯えながら )


『 どうなるかわかりませんが、何とかやってみましょう!!』とガブリエルの耳直しを快く引き受けてくだすったのだ。


 


それから再び、ガブリエルの遅すぎる耳貼りが始まった。



それ以来ガブリエルはとにかく、


雨の日も風の日も 都内のトリミングサロンに2週間ごとにせっせと通った。


 


とは言っても、実際に車を運転し『 せっせと通った 』のは、夫とガブリエルのみである。


( ここでもさっこバーさんは、口ばかりで何もしていない....。 )


 


そうこうしているうちに


ガブリエルの耳は、だんだんと恰好良く形作られていった。


 


当時は誰がどうみても諦めるしかない形になっていたガブリエルの耳だったのに....


サロンとブリーダーさんのお蔭で


今ではガブリエルの耳は、他の兄弟犬に決して引けをとらないカッコ良さに仕上がった。


ブリーダーさん、サロンの皆さん、本当にありがとうございます。


心から感謝申し上げます。


 


ここで、英国紳士のようなガブリエルの晴れ姿を一枚....


ジャーン!! ↓



すっかり前置きが長くなってしまった。 


しかしここまでは まだまだ『 プロローグ 』である。


ガブリエルの耳に纏わるほんのエピソードという訳である。


 


さて、それからというもの さっこは


以前にも増して ガブリエルの立ち姿に惚れ惚れとするようになった。


 


クイッと耳を寄せた緊張感溢れるガブリエルの横顔など見た暁にゃ〜


あたしゃ思わずハシタナく、黄色い声をあげてしまうんだ。


『 きゃーーーっ!!超カッコイイ〜ガブリエ〜ル!!』 ってね。


......さっこバーさん、愛犬を見て、まるで郷ひろみのゲリラライブに遭遇したような興奮状態である......。



そんな状態で気が付くと私はいつも、


スターの追っかけのように我を忘れている。


そして日々ウットリとしながら、


ガブリエルの写真を何枚も何枚も撮り続ける私なのであった。


 


一方ガブリエルの方はというと、


しょっちゅうカメラを向けられて 写真撮影には甚だ迷惑気味である。


 


その上 最近のガブリエルときたら


カメラを向かって、ちっとも『 いい顔 』をしてくれないのだ。


『 いい顔 』とはつまり、以前のような耳をきゅっと寄せた『 引き締まった表情 』のことだ。。


 


昨今は、精神も緩みっぱなしで まるでやる気なしの愛犬ガブリエル...


するとどういう訳か彼の耳まで精神と連動し、


だらしなく横にダラーンと広がってしまう。


これじゃー、


せっかく恰好良くなった『 自慢の耳 』が台無しじゃんかよーーーっ!!。(ーー;)


 


こんなケースの場合は普通、


エアデールテリアの注意をひくような鈴の音を立てたり口笛を吹いたりして


耳をピンと緊張させればいいらしい。


確かに我が家もこれまでは、そのやり方で十分


ガブリエルのナイスショットを捉えることができていた。


 


しかし我が家の頭のいいガブリエル坊ちゃんは、


どうやらそんな刺激には


もうとうに慣れきって飽きてしまったようなのだ。



これは『 カメラマンさっこ 』にとって、最大の致命傷であるかもしれない!!


 


さぁどうする?さっこよ!!


アンタはもう二度と、


『 ガブリエルの英国紳士のような表情 』をカメラにおさめる事ができないのか....?


 


 


撮影慣れし過ぎたダラけたガブリエル ↓



しっかし!!


こんなことでおめおめと引き下がるサッコである訳がない。


 


『 可愛い鈴の音や口笛などに見向きもしないのなら、


これでどうだ!!ガブリエル!! 』


 


俄かにさっこは立ち上がった。


 


そして早速、


ことごとく無反応でいる愛犬の面前で、


何やら怪しい『 ひよっとこ踊り 』のようなものを おっぱじめたのだ。


 


立ち上がるさっこバーさん ↓



そして、突然『怪しい舞』を舞い始めた.... ↓



さっこバーさんの『妙な舞』に


さすがのガブリエルも 度肝を抜かれたようだ。


きゅっと耳を中央に寄せて 『 さっこの舞 』に全意識を集中してきた。



それ( ガブリエルの英国紳士風の耳 )をすばやく横目で確認したさっこバーさん。


今度は『 ひょっとこ口 』のまま、


即行ロバ男(夫)にがなり散らした。


『 今だ!!早くシャッターを切れ!!』



さっこの怒鳴り声に、


ボケボケしていたロバ男(夫)も サッと顔色が変わった。


 


思わず撮影現場に稲妻のような緊張が走る!!


ここでうっかり乗り遅れてシャッターチャンスを逃そうものなら


後で大変なことになるからだ!!


 


それを心得たロバ男(夫)はカメラを抱えた脇をしっかりと締め、


緊迫しながらも、震える指でシャッターを押し続けた。


 


『 かしゃっ かしゃっ 』と乾いたシャッター音が響くごとに、


さっこバーさんの『空恐ろしい舞』も 益々激しさを増してゆく。


 


さっこバーさんの『気迫に満ちた舞』に


周囲の見物人は完全に呆気にとられているようだ。


 


恐ろしい形相でガブリエルに迫る来る『 トチ狂いバーさん さっこ 』 ↓



さて、当のガブリエルは?というと.....


もうここまでくるとガブリエルも


いよいよ訝しげに身を乗り出してきた。


 


飼い主の精神を案じるガブリエル ↓



人様が見ている公共の場で、


尻と唇を 有り得ないくらい突き出して身をくねらせる『さっこバーさん』。


 


さっこのそんな姿にガブリエルは、


『 ママはとうとう精神に異常をきたしてしまったのでは???? 』と、


明らかに飼い主の身を案じる表情をしていた。



最後に、ナイスショットをおさめ撮影完了!! ↓



 


こうして今回も何とか、


富士山を背景に、素晴らしいナイスショットをおさめることのできたポンコツ荘一家である。


『 やるだけやった!! 』


我を見失い、無我夢中で『 ヒョットコの舞 』を舞ったさっこバーさん....


はなはだ『 ご満悦 』である。


 


以前も書いたことがあるが、


さっこのコダワリは 常にこんな風である。


一度こういうふうにしたいと思い込むと、


トコトンどこまでも突っ走る『 デンジャラス婆さんサッコ 』....


決して妥協など許さないのである。


 


そしてさっこのその勢いは、誰も止めることができない.....。


その滾るパッションの熱さは、『 富士山の内に眠る熔岩 』宛らである。


 


 


今回は、そんなさっこの『 情熱のこだわりの一つ 』として


ガブリエルの耳を紹介させて頂いた。


 


さっこはこれからもガブリエルの美しい耳にこだわって!!


こだわりまくって!!


ナイスショットを狙ってゆくつもりだ。


せっかくトリマーさんに整えて頂いた耳なのだから、ね♪


 


それでもガブリエルはやがて 


さっこの『ひょっとこの舞』にも飽きてくるかもしれない.....。


 


しかし、たとえこの先ガブリエルが『 ひょっとこの舞 』にも慣れて知らんぷりになったとしても、


私は全然大丈夫だ。


何故ならばさっこは 


その時はその時で、やっぱり『 新しい何か 』を創造し、


モデル(ガブリエル)の気を惹きつけてゆくことができる『 不思議バーさん 』からだ......。


 


これからも『 カメラマンさっこ 』と『 モデルガブリエル 』の弛みなき挑戦は続く......。



再びランキングに参加し始めました。

もしよろしければ、下のバナーに応援クリックをしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。