焼いて粉(コ)にして屁で飛ばせっ!!

QLOOKアクセス解析
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

心尽くしの雛祭り

心尽くしの雛祭り

家族イベント 404

( この御方《 老犬のタケ婆さん 》も、 一応 女の古.........。 さっこと同じで歳は食ってますが.......。 )


ランキングに参加し始めました。

もしよろしければ、下のバナーに応援クリックをしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。




3月3日、待ちに待った雛祭りがやってきました。


私は幼いころから何故か、華やかなひな祭りが大好きでした。


娘二人であった実家では、私や姉が幼いころから 


毎年母が、盛大にひな祭りをしてくれました。


見上げるような立派な7段飾りの雛壇で


お内裏様とお雛様は、


いつも私の背丈よりもずっと高いところに飾られていました。


そのことが余計に、私に強い憧れを懐かせていったように思います。



さてそんな風にひな祭りに熱い思いを馳せながら、


私はある日、こんな記事を目にしました。


それは 昨今の中年女性たちは、


意外にも ひな祭りという日を大切にしている....といった内容でした。。


もう子育てが終わったような女性たちが、3月3日には、


こぞって女子会やパーティーを開いて、盛大にやっているというのです。


そしてそれだけではなかったのです。


なんと 中年女性たちは 我が子のためでもなく 孫のためにでもなく、


自分のために新たなるお雛様を購入しているというのです


既に「すっかりお晩方」となった自分のために......。


「 オーノー!! 」


この記事を読んで、さっこは俄かに大きな雄たけびをあげました。



だって...... 


すっかりこの波に乗り遅れていたことに 今更ながらに気が付いたからです。


自称「 歩く人形博士 」である、誰よりも人形好きのこの私が 


今流行の「自分ひな祭り」のことを 今の今まで知らずにいたとは.....


「 ぬお~~~~~~~っ!!  なんという不覚!! 」


元々誰よりも単純で 負けず嫌いのさっこは もう鼻息ゴーゴーです!!


早速 スポンサーである夫を引き連れて、浅草へと出向きました。



もちろん、自分用おひな様を夫に買ってもらうためです。


家族イベント 338 (1)


久しぶりに訪れた浅草は、老舗の伝統がそちこちで息づいておりました。


濁りなく受け継がれてゆくものの尊さを、実感しながら歩きました。


そして 最終的に私の選んだお雛様は、


テーブルの上にちょこんと乗るような 小さな小さなものでした。

家族イベント 357


つるし雛も買ってもらいました。


家族イベント 368


桜が描かれた小さな花ろうそくも......。


家族イベント 344


しかしその中で メインとなったのは 


なんといっても 赤い着物を着た、骨董の市松人形でした。


家族イベント 419 (1)



これは少しばかり値が張りました。


だけどちょうど、結婚記念日でもあったので、


アニバーサリーのプレゼントとして、


この愛らしい市松人形も、夫にちゃっかり買ってもらうことにしました。




さあ、「 さっこのためのさっこひな祭り 」の準備は、


こんな風に着々と整ってゆきました。




一方で すくすくと育ち、いつの間にか大人びた我が娘.....は、


ひな祭りなどすっかり無関心.....。


しかしさっこ婆さんだって、今回は 娘のことなどそっちのけです。 


もうこれまで十分に なりふり構わず 懸命に子育てをしてきたのですから.......


今年こそは、いいえ、今年からは、


さっこにとっては


「 自分をねぎらう自分ひな祭り 」こそがメインなのです。( 爆笑~ )




さて そうこうしているうちに 


いよいよ ひな祭りパーティー開催日の前日になりました。



前日には、 お花屋さんから 大きな大きな箱が一つ届きました。


贈り主は夫です。



恐る恐る箱を開くと.......イキナリ立派な桜の木が


私を圧倒させるように 勢いよく飛び出してきました。


家族イベント 333


よく視ると枝枝には 愛らしい蕾たちがふっくらと笑うように膨らんできています。


桜の花々は やがて開かれる最高の宴を


今か今かと 待ち望んでいるようでした。  



その他に、シックなクラシカルピンクやマゼンダ色のバラの花が  


気品を漂わせながら 白い陶器の花瓶に、凛と生け込まれています。


家族イベント 335



「 わあ~。」


私はそんな素晴らしいアレンジメントをみて、


少女のようにときめきいっぱいになりました。



お花が届いてからしばらくして


夫が仕事から帰ってきました。



さっこは子犬みたいに すぐに夫に飛びつきました。


「 てっこ~~~~お花届いたよ~。


ねえ、凄く綺麗だよ~~~~。 ありがとう~~~~。 」



すると夫の二つの鼻の穴は、


みるみる得意気におっぴろがってゆきました。


さっこを喜ばすのが大好きな夫は、俄然やる気が出てきた様子でした。



そして次の日の日曜日、


私たちは揃って、ルンルンと お買い物へ出かけてゆきました。


もちろん、お雛祭りの御馳走を準備するために、です。


「 食器はどんなのにしようか? 」


「 テーブルクロスの色は やっぱり桃色や甘いピンクかなあ~? 」


「 お雛ケーキも買わなくっちゃ~だね。 イチゴケーキがいいよね~。 」


「  あ、雛あられも忘れずに買わなきゃだよ~~~。 」


お雛様をより際立たせるための美しい発案が


二人の間をウキウキと駆け巡ります。



いつものように 主にテーブルコーディネートは、さっこ担当


食材選び、献立て作り、お料理は、全て夫担当.....となりました。



そして足早に買い物を済ませたあと 


私たちは早速 パーティーの会場作りに取り掛かりました。



背後に優しいオルゴールのBGMを流しながら......


各自で鼻歌まで口ずさみながら......


さっことてっちゃんは、仲良く準備をしてゆきました。



途中で 夫から結婚記念日にプレゼントされた市松人形とも


初めて対面をいたしました。



ドキドキと胸が高まらせながら、


私は丁寧に包装紙を開いていきました。


家族イベント 359



そして、いよいよ市松さんの命でもある顔が明かされてゆく時がきました。


顔に巻かれた和紙をそっとそっと取り除くと.....


私の目の前に、 愛らしい表情の市松さんが 静かに優美に現れ出てきました。


家族イベント 367


初めての、自分のための市松人形.....。


受け継がれてきた日本のよき伝統工芸.........。


人形を大切に抱きしめると、


感動の波がしんしんと この胸に押し寄せてきます。


「 ありがとう~、てっこ。 市松さん、可愛い~。 嬉しい~~。 」


家族イベント 363


それからさっこは 市松さんの置き場所について、色々と思い巡らせました、


そして結局 この気品ある市松さんを 


お雛様のとなりのメインの位置に 誇らしく鎮座させることにしました。



市松さんが飾られることになった「ひな祭りのメインテーブル」は、


その赤い着物が見事に鮮やかに映え渡り、


益々色彩豊かに みやびやかさを増してゆきました。



さっこは思わず、感嘆のため息がもれてしまいました。


夫婦の心の中は すっかり春満載......。



どこまでも優美な艶やかさに満ち満ち溢れていきました。


家族イベント 399


こうしてついに 「 さっこのためのひな祭り会場 」は、完成しました。


じゃ~~~~~ん。


家族イベント 381


お料理は 全て夫が作ってくれました。


家族イベント 383



ほうれん草と赤カブと茹蛸のシーフードサラダ。


菜の花と舞茸の辛し和え。


家族イベント 376


鶏肉の竜田揚げ。


ハマグリのお吸い物。


家族イベント 389


そして 今宵ひな祭りパーティーの主役のお料理は


なんてたって、コレでしょう。


それは、宝石を散りばめたような 「 ちらし寿司 」です。


家族イベント 375


盛り付けも全部夫がやってくれました。


よくみると、


ご飯まで ピンク色に染まっています。



さっこは感激しながら 夫に訊ねました。


「 すご~い。ご飯までピンク色。 これ どうやったの? 」



すると夫は、  はなはだ満足げな面持ちになりました。


きっと 手をかけた部分に、


さっこが いち早く反応したからでしょう.....。



そして我が家の料理の鉄人は、すぐにこんな種明かしをしてくれました。


「 ご飯はシバ漬けで染めたんだよ。」



そんな回答に、


「そういわれてみれば......」と 私は深く納得しました。


だって実際に 咀嚼するごとに、


確かにシバ漬けのピリリとした味は  口の中で いい塩梅に利いてきます。


その味は、まるで緩やかな調和の中に花開いた


凛然とした一輪挿しのようでした。......


家族イベント 374


シバ漬けのかすかな風味は、


紛れもなく  チラシ寿司全体を引き締める きりりとしたアクセントになっています。


そのおかげで 最後まで間が抜けることなく


さっこはチラシ寿司の美味しさを堪能できました。


さっこは 改めて


夫の料理の腕前に つくづく感心してしまいました。


辛し和えも 竜田揚げも、本当に美味しかったなあ~。


噛み締めるごとに   夫の真心を 随所に感じることができました。


私たちの一人娘も 「 美味しい美味しい。」と 


パパの手料理をいつになく 存分に味わっている様子でした。




お料理を食べ終わった後は、


家族で お楽しみのお雛ケーキを食べました。



不二家のお雛ケーキには、


デコレーションに可愛いボンボリや梅の花が施されてありました。


また 真ん中には堂々と、


ペコちゃんのお雛様とポコちゃんのお内裏様が描かれたホワイトチョコレートが


おすまし顔で乗っかっています。


ケーキの形も、ひな祭りらしく、菱形でした。


家族イベント 377


「 あは♪  不二家のお雛ケーキ、全く以って テンション上がるなあ~。 」


さっこは益々ご機嫌ちゃんになりました。




祭りの締めには 夫婦二人でゆったりと


挽き立てコーヒーを頂きました。


時折、桜の形をした小皿に盛られた雛あられをつまみながら......。


家族イベント 392


その頃には私はすっかり 感慨深い気持ちになっていました。


ひな祭りの余韻は まるで扇を広けたような優雅さで、


どこまでも豊かに 心の内へと押し広がってゆきました。


家族イベント 394


幼きころ........母が 姉と私の幸せを


ただひたすらに願って祝ってくれたひな祭り。


その一途な母の願いを受け取って 健やかに育った私たち.....。


やがて娘である私も いつしか母となり......


感無量の中、娘の初節句を迎える日がやってきました。



あれから一体何回、


私はひな祭りという行事を 真摯に祝ったことがあったでしょう......。


家族イベント 370 (1)


改めて私は 瑞々しくこう思いました。


「 日本の文化って素晴らしいなあ~ 」と.......。



そして 灯されたろうそくが その身を削って小さくなってゆく様を眺めながら......


私たち夫婦もまた、


大切な何かを 明確に共有しあっていたように思います。



それは、若い頃には感じられなかった日本の伝統文化の奥行きです。


家庭という人生の祭壇の中で、


決して投げ出されることなく 脈々と受け継がれてきた習わし.....。


そこには必ずといっていいほどに 


「 互いを深く思い合う、家族の尊い愛  」が宿ってるのです。




この度私たち夫婦は、 


しみじみとそんなことを感じ入ることができたように思います。




そして映りゆく時代の中で 私たち夫婦にはやがて......


今度は 小さな孫娘に思いを馳せて ひな祭りを祝う時がやってきたりするのでしょうか?



........その時もやっぱり.....


さっこは夫であるこの人と、 寄り添うように一緒にいたいと思いました。


家族イベント 396 (1)


このたびも いつものように、


「 さっこの気まぐれな思いつき 」 と 「 軽快なノリ 」だけで


おっぱじまった「 ひな祭り 」ではありました。



しかし ささやかなこの祭りは、


思わぬ趣を、 熟年夫婦に残してくれました。



ありがとう、お雛様.....。


来年もきっとまた、華やかにお会いいたしましょうね。



この先もわたくしは


初々しい女の古( おんなのこ )として  


この祭りを心から愛し、 祝い続けたいと思います。 



私たち家族の素晴らしいアニバーサリーは、


こうして静かに幕を閉じてゆきました.......。


てっこ......


こんなにも心尽くしのひな祭りを 本当にありがとう......。





ランキングに参加し始めました。

もしよろしければ、下のバナーに応援クリックをしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。










































































































スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。