FC2ブログ

焼いて粉(コ)にして屁で飛ばせっ!!

QLOOKアクセス解析
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

アールグレイの香り漂うささやかな結婚記念日

アールグレイの香り漂うささやかな結婚記念日

2015kekkonnkinennbi 035

ランキングに参加し始めました。

もしよろしければ、下のバナーに応援クリックをしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。




結婚記念日、夫と二人で お祝いをしました。


それでも平日でしたので かしこまった事は何も出来ず.....


夫の帰宅後に、私たちはささやかなティーパーティを楽しんだのです。


夫が 仕事場近くのお菓子工房で、ケーキとお花を買ってきてくれました。



そして その他に、


私がかつてから欲しがっていたものを 夫はプレゼントしてくれました。


2015kekkonnkinennbi 001


プレゼントの中身は 骨董の市松人形でした。 



しかし市松人形はすぐにはリボンをほどかずに 


おひな祭りまで待って、箱を開けると決めていました。。



夫は結婚してからずっと、



結婚記念日に私に大きな花を贈ってくれます。



それでも今年贈られた花は 妙に小さなお花でした。



花を受け取った時、さっこは少し口を尖らせました。


何だか愛が減ったみたいに ちょっぴり寂しく思えたからでした。



それで さっこは思い切って、夫にこう切り出しました。


「 ねえ、なんでいつもみたいな大きなお花じゃないの? ケチったの? 」



すると夫は、少し秘密めいた顔をして こう切り替えしてきました。


「 違う違う。 ケチったんじゃない。


今日はどうせ平日だから....。


だってさっこ、今日はもったいないからプレゼント開けないんでしょう?


プレゼントはひな祭りに開けるんでしょう?


さっこ、盛大にひな祭りパーティーやりたいっていってたじゃん。


ひな祭りはもうすぐだから、


だったらその時、大きなお花があったほうがいいと思って......


大きな花は、もうお花屋さんに頼んであるんだ。


ひな祭りの前日に蕾のお花が届くからね。


蕾が開く次の日に、ひな祭りパーティーを盛大にやろうよ。 」


その回答を聞いて、


単純なさっこは即 ご機嫌ちゃんになりました。



よく思い出してみると.......そういえば、そうでした。


先日私は、 夫と浅草をおとずれたのです。


そしてそこで、私は自分のためのお雛様を 


初めて夫に買ってもらったんです。


つるし雛まで買ってもらいました。


その時に夫と


「 今年は 本格的なひな祭りパーティーをしよう 」と 固く約束していたのでした。


「 そうだった、そうだった~。」と深く納得したさっこさん。


とたんに、心がワクワクしてきました。....


そんな気持ちになって改めて目の前の小さなお花を眺めてみると......


妙に愛おしさまで感じてきました。 


相変わらず、なんて現金でちゃっかりな女房でしょう......。


「 ありがとう~てっこ。」


さっこははしゃぎながら すぐに夫に抱きつきました。



さて それから私たちは、 二人で急いで


ティーパーティーの準備に取り掛かりました。


2015kekkonnkinennbi 024


ところで最近のさっこは 


アフタヌーンティーを頂くのがちょっとしたマイブームになっています。



それで結婚記念日に 


ちょっとその真似事をしてみたくなっていたんです。



先月の休日は、夫と軽井沢の老舗の紅茶店で 


茶事に必要な色々な道具を買い揃えました。



紅茶は夫のほうがずっと詳しくって......


紅茶専門店では、夫に薦められて 茶葉を選びました。


2015kekkonnkinennbi 031


今宵の結婚記念日には、その時のとっておきの茶葉を使って


アニバーサリーティーを淹れることにしました。



「今度 本格的なアフタヌーンティーが楽しめるホテルに連れて行ってあげるね。」と 


夫がニコニコしながら そう言ってくれました。



それを聞いたさっこの乙女心は、すぐにこんな反応をしました。



「 だったらその日は、ちょっとお洒落をしてみたいな~。」って。



たまにそんなエレガントなデートもいいかもしれません。



想像するだけでも、 ウキウキと気分が弾んできます。



何せ普段は 犬を連れて、大自然をワイルドに楽しむばかりの私たちですから.....。



さて、夫が淹れてくれたアールグレイは とても気品のある香りがしました。


さすが、軽井沢の老舗の紅茶専門店です。



私は一口口に含んだだけで、


すっかりアールグレイの魅力に夢中になってしまいました。



紅茶の湯気の向こうには、昔と少しも変わらない夫の穏やかな笑顔......


「 幸せだなあ~ 」としみじみ思いました。


2015kekkonnkinennbi 039


そして紅茶の少し神秘的な湯気に誘われて.....、


私たちの意識はあっという間に、


結婚を決めたあの日に 優しく引き戻されてゆきました。



私たちは、紅茶を丁寧に味わいながら


その頃のことを、ゆっくりと回想しあいました。



私たちは大学卒業後、


ろくに世間のことも知らない状態で すぐに結婚しました。



理由は 別に今流行の「できちゃった婚」というわけでもでもなく......


ただただ 二人が一緒に暮らすことが自然に思えて.....そうしたのです。



夫からのプロポーズは 多摩川のほとりで....。


「 なんかさ......ずっと一緒にいたいよねえ~。 結婚しようか? 」


そんな軽やかな一言でした。


DSC_0071 (1)


交際から既に2年経っていました。


当時、貯金も何もない若い若い私たちではあったけれど.....


きっと「どうにかなる」と 何故か最初から深い信頼がありました。



私たちは 同じ町内に住んでいました。


お互い徒歩12、3分の距離.....


住所は番地こそちがうけれど、郵便番号も区も町も 元々一緒です。



そうなのです。


私たちは、生まれ育った町が同じなのです。



幼少期から通った公園、プール、遊園地、駅、レストラン、


最初から二人が共有できることは盛り沢山でした。



私はそんな存在であった彼のさりげないのプロポーズを受けると、


1秒で「いいよ~。」と、実にあっけない返事をしました。



そしてその週末に、夫は早速


私の父に結婚を申し出るために我が家にやってきました。



その時の彼はめずらしく 顔を強張らせるほど緊張していました。


そして 彼はぴんと姿勢を正して 父の目を真っ直ぐに見て、


父にこう述べてくれました。


「 お父さん、僕とさえこさんとの結婚を どうぞお許しください。 」



それは私がはじめて見る、夫のとても男らしい姿でした。



さっこは夫の覚悟がしんしんと伝わってきて、


ふいに涙が溢れてきてしまいました。



さて ココまでは滞りなく、


ドラマなどでの「おきまりのワンシーン」が予想通りの展開で、


お茶の間劇場を気持ちよく 歌うように流れていきました。


ドラマにおいて これからいよいよ肝心になってくるのは、 


何といっても 結婚の申し出をされた父親の態度です。


さあ、父はなんと応えるのか.....


夫も母も娘の私も 父がどう出てくるのかを、


固唾を呑んで見守りました。



すると父は、やっと素っ頓狂な声を出して こんなことを言い出しました。



「 いやいやいや~~~~あたしゃ反対しないよ。


あたしゃねえ~うちのさえこのような娘を 


アンタのような立派な男がもらってくれるっちゅーだけで 随分と助かるんだよ。


うちにしてみりゃ~ 本当にありがたい話だよ。


俺りゃー反対しないよ。 どちらかというと あたしゃ賛成。 大賛成。 」


そして父は 夫に向かって、 高らかに拍手喝采までしていました。



こんな父の態度に、家族は皆、拍子抜けでした。


これじゃーまるで大安売りもいいところ.......。


バナナの叩き売り同然です。



「 少しぐらい 持ったいつけてくれてもいいものを....このクソ親父...... 」


私は 心の中で密かに親父を恨みました。



その後は、すべてがとんとん拍子。


父がいの一番に張り切って


私たちの結婚式場を 独断でさっさと決めてしまいました。



それで あっという間に結納、結婚式となりました。


なんてったって夫のことを誰よりも気に入ったのは、


私よりも寧ろ父の方だったのです。



喜んだ父はいつも


近所の人や知人にこのように こんな風にいい触れ回っていました。



「 さえこの婿はなかなか見所のある男だ。 


最近の若者には 滅多にいないよ、ああいう男は。


容姿も鼻筋がスッと通って二枚目でよお~、


全くうちのさえこには もったいないくらいだ。 」と.....。




母は母でこれまた 父を上回るすこぶる上機嫌です。


結婚が決まってからは、毎日こんな風にはしゃぎまわる始末。


「 てっちゃんはゴットファーザーの主演男優に似てるねえ~。


お母さん、あの俳優大好きなの。 


家柄もいいし、 背も高いしさ、 近所だし、 


本当にさえこにゃ~もったいないくらいだよ。 」と.....。 



また 夫に対する賞賛は、両親ばかりではありませんでした。



かつて夫と同じ高校に通っていた私の同級生K子まで、


遠慮なくさっこにこういい放つのです。


「 あ~あ、先輩........。 よりによって サエコなんかに騙されちゃって....。


先輩カッコいいから、高校ですごくモテてたんだよ~。


それなのに、こんな最悪な女掴んじゃって、先輩 本当に可哀想~。 」



「 なんて失礼なK子!! 」 


私は言いたい放題の友達に、プンプクリンになって怒りました。



だけど確かに実際、


夫はさっこのとっても自慢の彼でしたから.....


怒りながらも、私はどこかで鼻高々だったように思います。



そして一通り結婚の報告をし終えた後、ふと 気が付いたことがありました


それは最後まで


「 さえこさんは 哲朗にはもったいないような花嫁だ。」 と おっしゃってくださるお方が 


誰一人いらっしゃらなかったということでした......。


チ~~~~~~~ン.........。


私は何度、天に叫びたくなったことでしょう.....。


「 たまには 誰か、花嫁のさっこのことも褒めとくれ~~~~!! 」と....。


P1011485_2015030313054664d.jpg


さて こんな風に、誰の反対も一切なく始まった私たちの結婚......。


全てが最初から、ハッピーだらけ、笑いだらけでした。



そして今も尚、それは続いています。


そう.....。


能天気な夫婦の私たちは、あの頃と少しも変わらず能天気に..... 


手に手を取り合って 仲良く生きています。


DSC_0093_20150303125953698.jpg


沢山の動物たちに囲まれて、


やがて可愛い一人娘に恵まれて、


自然が溢れる場所に 暖炉のある小さな洋館を建てて、


のんびりと温かに 毎日を楽しんでいるのです。


P1011431.jpg


夫と小さなケーキを切り分けながら、


ふと 20年以上前の結婚式のケーキ入刀を思い出しました。


2015kekkonnkinennbi 029



夫が私を選んだ理由はタダ一つ......。


「 誰よりも純粋だったから......。」ということだけでした。



「 さっこには他の子にはないものがある。 


とにかく純粋なんだ。 圧倒的に純粋なんだ。 」


夫は今でもずっと 私にこう言い続けてくれます。



さっこをこんな風に見つめ続けてくれている夫.....。


それならば、さっこは逆に夫にこう返したい。


『 さっこが今までずっと 純粋であり続けられたのは、 


全く以って 「 てっこ 」のおかげなんだよ。


てっこがずっと 「 さっこらしさ 」を守ってくれたからなんだよ。  』って......。



だけど死ぬまできっと私は、


面と向かって このことを夫に伝えることはできないでしょう.。


何せ身内には 「 人一倍照れ屋 」のさっこなのですから.....。



私は俄かに湧いて来た感謝で 思わず顔を歪ませそうになりました。


不覚にも、ふと涙がこぼれそうになったのです.....。。



だから慌てて泣き顔を隠すように さっこはそわそわと立ち上がりました。 



そしてそれから徐に古女房は、


2杯目の紅茶を カップにゆっくりと注ぎ淹れました。


2015kekkonnkinennbi 020


そう.....長年連れ添った夫婦には、


改まった言葉なんか 今更要らないんです。



互いに古女房、古亭主......


いつだって なんだって 二人は以心伝心なのですから.....。



私たちの素敵な結婚記念日は、きっとこれからも毎年 


静かにのびやかに、悦びが更新されてゆくことでしょう......。


おめでとう、二人のアニバーサリー.......。





ランキングに参加し始めました。

もしよろしければ、下のバナーに応援クリックをしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
























































スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。