焼いて粉(コ)にして屁で飛ばせっ!!

QLOOKアクセス解析
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

舞い降りたエンジェル......

舞い降りたエンジェル......

P1013517.jpg

ランキングに参加し始めました。

下のバナーに応援クリックをして頂けましたら嬉しいです♪

ありがとうございます♡



5月後半、我が家に3代目チワワをお迎えしました。


彼の名前は「 ブラン君 」

生後6ヶ月ですが、体重は、わずか700グラムちょっとしかありません。



それは 見た目で言えば、

普通サイズのチワワの 生後2ヶ月くらいの大きさです。


そう........彼は、ちまたで 「極小チワワ」と呼ばれているようなサイズなのです。


P1013515.jpg


そんなブラン君ですが、お迎えにあがったブリーダーさんのところでは、

とても元気にしていました。


だから私たちも、すっかり安心して愛知県から車で連れて帰ったのです。



しかし帰宅後 思わぬ事態が起こりました。

ブラン君が突然  低血糖の発作を起こしたのです。


そして 小さな彼の体は波打つように痙攣を繰り返し

あっという間に瀕死の状態になってしまいました。


P1013682.jpg


焦った私は急いでブラン君を抱いて 動物病院へ駆け込みました。

ブラン君は、そのまま入院となりました。


それから一日明けた次の朝、動物病院の先生から連絡が入りました。


急いで駆けつけると、 獣医さんは神妙な面持ちです。

そして 仰りにくそうにされながら 先生はこのように宣告されました。

「 もう助からないかもしれない...」


そして「 このまま、入院させておいても.....」と

ブラン君は瀕死のまんま、自宅に返されてしまいました。



それでも 諦めきれなかった私は その後も もう一件 動物病院を回りました。

しかし 2件目の獣医さんも 全く同じ反応でした。


それどころか、そこの獣医さんは こんなふうにもおっしゃいました。

「 こんなに身体が小さいんじゃあ、

元々順調には育たない運命だったのかもしれない。

今から他の健康なワンちゃんと取り替えてもらえば?」


P1013678.jpg


私は涙が溢れました。

だって 私にとってブラン君は ただの子犬じゃないんです。

何ヶ月も全国を探し回って、やっとご縁を感じた子なんです。



私は診察台の上でやっと息をしているブラン君を見つめました。

しかしいくら名前を呼んでみても、彼は低血糖の後遺症で

まぶたすら、一切開けてはくれません。 

完全な昏睡状態です。


P1013679.jpg


それでも、彼の胸にそっと手を当ててみると.....

彼は小さな小さな身体で、

秒針のように微かに、コトコトと心臓を動かしていました。

私はその鼓動が まるでブラン君の命の囁きのように感じました。


「 僕は生きる、僕は生きる....」

ブラン君の小さな心臓は、何度も私に 

静かに.....しかし ほんのりと熱を帯びたメッセージを送ってきます。



ブラン君の心臓に当てた指先から そんな思いが伝わってきたとき

私は 初めて本気になりました。



それまで私は、獣医さんの言葉をそのまんま鵜呑みにしていました。

自分もどこかで「 助からない 」ことを予感してしまっていたのです。



しかし当のブラン君は 

自分の命が尽きることなんて、少しも受け入れていません。

命の波に身を委ね、ただただ懸命に 息をし続けているのです。



私はその小さな鼓動に 壮大な勇気をもらいました。

もう私の中に 諦める気持ちは、ひとかけらもありません。


私は入院を拒む獣医さんにお礼を言って、

さっさと動物病院の玄関をあとにしました。



去る時に呟かれた先生の言葉が、妙に印象的に耳に残りました。

「 私も、ブラン君が助かること 祈ってます。」



その後私は 3日3晩、寝ないでブラン君に付き添いました。


一時間ごとにスポイトで、

意識のないブラン君の口の端に

少しずつ少しずつ ぶどう糖の入ったお水を流し込みました。



更に 耳かきの上に柔らかく練ったウェットフードをちょんと乗せて

ブラン君の上あごに そっと擦り付けました。



ブラン君は 昏睡のまま 目も閉じたまま、

時々ゆっくりと そのフードをゴクンと飲み込んでくれます。

ひたすら繰り返されるその行為だけが 

私とブラン君を結ぶ、ささやかな命綱でした。


私はブラン君がゴクンと飲み込んでくれるたびに

彼の丸く秀でたおでこに 心をこめてキスをしました。


そして 何度も このように声をかけました。

「 ブラン君、小さな身体でさっこのところに来てくれて 

本当にありがとう。

無理させてごめんね。

ブラン君、愛してるよ。

ゆっくり元気になろうね。」



そんな中、

以前 スピリチュアルヒーラーさんから

ヒーリングエネルギーを伝授させてもらったことも思い出しました。


私は迷いなく、やれることは何でもやってみようと思いました。

そして 何時間もブラン君の身体に手かざしして、

ヒーリングエナジーを送り続けることもしてみました。



神様や天使たちには、声が枯れるほど、何十回も祈りました。

「 ブラン君を助けてください。」と。

他のことは一切考えず、

私はひたすらひたすら ブラン君だけに 目一杯の意識を注ぎました。



こうして3日たち、4日目の朝を迎えたとき、

ブラン君は、突然 目をパチリと開けました。


P1013685.jpg


焦点は定まっていないけれど......

反応もまだ鈍いけれど.....

それでも 真っ黒な瞳の奥は、わずかな光を放っています。


P1013684.jpg


私はその瞳の輝きを見たとき、

どうにもこうにも嬉しくなって、泣きながらブラン君に 

熱烈なチュウをしました。


「 ありがとう~ありがとう~ありがとう~ブラン君。」

もう胸がいっぱいで、そんな言葉にか出てきません。


P1013689.jpg


その後も少しずつ、ブラン君は快復の兆しを見せています。


ここ2,3日は、甘えて鼻を鳴らすようになりました。


目も しっかりと見開くようになりました。

そしてクリクリの瞳で、

常に、私の姿をしっかりと追ってくれます。



まだヨタヨタですが、

少しずつ歩けるようにもなりました。



「 仮に助かったとしても、後遺症が残るよ。」と

獣医さんは仰っていました。



それでも私は、ブラン君が再び元気に飛び跳ね、走り回ってくれることを

信じています。

いや、信じるというよりも 

自然とイマジネーションが ありありと心に浮かぶのです。

P1013516.jpg


昨夜はお布団の中で一緒に眠りに落ちるとき、

ブラン君が 私にそっとキスをしてくれました。


彼はブラウスのボタンみたいなお鼻を 

一生懸命私の顔に押し当ててくるんです。

湿って 少しひんやりしたブラン君の鼻面は、とてもくすぐったくって.....

私はケラケラと笑いました。



すると 私の笑い声に反応したのでしょうか?

今度はブラン君自身も 自分の口角を精一杯あげて

「 に~~~つ」と微笑みました。

その表情はまるで、不二家のペコちゃんのように愛くるしいものでした。



きっとブラン君は、ありったけの思いを、私に伝えてくれたのでしょう。

少しずつ少しずつ......元気になってゆくブラン君。


さっきは ゆったりとした大きなあくびをしていました。

リラックスの証拠です。


ブラン君が健康にオシッコしたりウンチしたりするだけで、

私には自ずと、このうえない喜びが溢れてきます



臭いとか汚いとか感じるどころか、私は 彼の排泄物まで愛しいんです。

本当に、彼の命の巡り すべてが愛おしいんです。



小さな小さなブラン君は、私の中に眠る素敵なヴァイブレーションを

沢山沢山引き出してくれました。



彼はきっと、

天から舞い降りた 可愛いエンジェルなんだと思います。


( 今朝のブラン君。 まだ、ペットボトルよりも小さい。 )↓

P1013690.jpg


ブラン君に後遺症が残るなんてことなんて 

もうちっとも問題ではありません。


小さなお目目でパチパチと瞬きするブラン君.....

小さなお口でもぐもぐとご飯を食べるブラン君.......

小さなお鼻でスースーと微かな寝息をたてるブラン君........

そんな彼のあらゆる瞬間に 

こんなにも大いなる悦びが宿っているのですから。


そんなエナジーがキラキラと照りきらめく限り、

私とブラン君は、どこまでもどこまでも 繋がって巡ってゆくのです。




ランキングに参加し始めました。

下のバナーに応援クリックをして頂けましたら嬉しいです♪

ありがとうございます♡


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。