焼いて粉(コ)にして屁で飛ばせっ!!

QLOOKアクセス解析
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

オートマチックな循環

オートマチックな循環

さっこ 京都 天ぷらやさん (2)

ランキングに参加し始めました。

下のバナー二つに 応援クリックをしてくださると嬉しいです♪

ありがとうございます♡




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ



ふと気がついたことがある......。



それは、「 私、人に媚びてるな~ 」と 心が卑屈になる時.....


そんな時は大抵が 



自身の中に、「 やましさ 」がある時だということだ.....。




それはね、 



「 下心を隠している 」という「 やましさ 」だ。



それはね、


「 見返りを求める 」という「 やましさ 」だ。





「 さっこがこれだけ愛したのだから、同じだけ あなたも愛を頂戴ね!! 」




私からそんな「 打算たっぷり 」の不愉快エナジーを投げかけられて、気が重くなられたお方は 




これまでの人生の中で その実 沢山いらっしゃることだろう。




私.....心根がいやらしくって、本当にごめんなさい。


saeko 京都 天ぷらや (2)



やがて周囲から見事にやましさを見抜かれた私は、



大体の場合で、総スルー、総スカンを食らう羽目になる。



そして、これまた ありがちなシナリオ通りに 


私は周囲を恨むことになる。



愛されたくて差し出しすぎた心は、



嘆きたくなるほど、 もうとっくに枯れ果てているから。



こうして私は 益々周囲に不信感を募らせ、



荒んだ気持ちに覆われてゆくんだ.......。


これが、



私が調子の悪い時に創造するいつものパターンだ。


P1012200.jpg



しかし一方では、



こんな私でも、まったく違った現実を創造する場合がある。




それは自分自身が 既に十分に満たされている時だ。




そんな時の私は、深くにある意識が、根本的に違っている。




すでに愛のガソリン満タンで 



ご機嫌ちゃんの私は 



何とも言えず パワフルな存在となる。





差し出しても差し出しても不思議と、 



自身は 決して枯れることがないんだ。





なぜならば、己の源から 



常に澄んだ真心が 後から後から噴き出してくるから。





そのシブキは宛ら 




この上なく精巧な「オートマチックの噴水」のようだ。




「 真心の噴水 」は、あらゆるバランス や さじ加減をしっかりと心得ている。



P1012233.jpg


そう...



こんなふうに源の愛はいつだって、




「 自ら溢れること 」を覚悟した時に初めて、




惜しみなく流れ出すんだ。





後から後から、




尽きることなく湧きい出すんだ。






そんな時に私が周囲に差し出す心はきっと、 




隅の隅まで行き届くような、




そんな「純粋さ」で構成されているに違いない。


P1012262.jpg




だから周囲の人たちも自然に、




私の純真さを 




気持ちよく心地よく 受け取ってくださる。




そして私は、




そんな相手の喜びに反応して、益々嬉しくなる。




何一つもらおうとなんて企てていなかったところに



想定外の循環が発生してしまうんだ。




その感覚は、予想外だからこそ余計に 



新鮮であり 神性であるんだろう....。




思わぬ尊い恩返しを頂くことになった私は、




真から驚きでいっぱいになる。




真からありがたさでいっぱいになる。







受け取ってもらえた喜び.....




それはいつだって、言葉にはならないほど豊かなものだ。





自ら与えておきながら 私は




その実 最上級の愛を 容易に受け取ることになる。




そして、気が付くと、




いつの間にか私は 一番の幸せ者になっている。



seko 2013 8 25 (2)



自分の存在を受け取ってもらえること、




自分の存在を喜んでもらえること、




自分の存在を楽しんでもらえること、





生きていて、こんなに大きな嬉しさはないんだね。





これは、人が本能として携えてきた歓喜なのだと私は思う。







少しも自分に望むものを与えてくれない周囲に、




ずっと不満を募らせてきた私だった。





しかし そんな乱暴で一方的な「 さもしい被害者意識 」は、 




気づきを得たとたんに、もう一切なくなった。





「もう誰にも期待しない!!頼らない!!」 そんな拳を振り上げるような片意地も、 





情理を解したとたんに、もう一切なくなった。






私はただ 濁っていない真心を、




愛の循環器に そっと流してゆくだけでいい......。





ふっと力が抜けて仰ぎ見た空は、




どこまでも 瑞々しく潤っていた......。。






ランキングに参加し始めました。

下のバナー二つに 応援クリックをしてくださると嬉しいです♪

ありがとうございます♡



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ























スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。