焼いて粉(コ)にして屁で飛ばせっ!!

QLOOKアクセス解析
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

アヴェ・マリアの導き〜さっこ婆さん、ドイツ語を学ぶ〜

アヴェ・マリアの導き〜さっこ婆さん、ドイツ語を学ぶ〜


再びランキングに参加しはじめました♪


もしよろしければ、下のバナーに応援クリックしてくださると嬉しいです♪  


ありがとうございます♪


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


来週から ヴォイストレーニングを習うことになった。


実は私、あれから国立音大の声楽科をご卒業された、素敵な先生に巡り合えたんだ。


 


出逢った先生は ビックリするくらい、私と同じ経験をされていた。


私と同じで、この世の存在ではないモノの姿や声が見えてしまったり聴こえてしまったりするそうだ。


そして


なんと!!先生もかつて入院までするような、酷い喘息患者だったそうなのだ。


 


それが今は、すっかり完治され、なんの薬も服用されていないと仰る。


先生は、食事や呼吸法やあらゆるトレーニングで喘息を治されたそうだ。


 


先生はまた自然農で、ご自分で野菜を栽培されている。


私にも もっと土に触れることをすすめてくださった。


 


有機野菜を使った食事のアドバイスもしてくださるそうだ。


 先生は、「 さえこさんの喘息もきっと良くなると思いますよ。」と仰ってくださった。



 先生はとても美しいお方だ。


いつも、小鳥のように可愛らしく 妖精のように軽やかだ。


 


その溢れる魅力は、女性として嫉妬してしまうくらい。


それでも先生はとても不思議な人だ。


先生のエナジーに触れていると いつの間にか、


「 妬んだり嫉妬するくらいなら、私も先生みたいになれるよう努力したい 」と素直に思わせてくれる。


 


私よりも数年多く生きていらっしゃる先生....


それなのに今現在も、少女のように可憐でナチュラルで.... 


こんな女性って、本当にいるんだな〜と 私はある意味とても感動した。


 


目指したくなるような年上の女性が目の前に現れて、さっこは心から嬉しく思っている。


 


その後も私と先生は、様々なお話をしていった。


 


その成り行きで、 私はある夢を先生に打ち明けてみた。


どこかで、「 とても図々しい願いだな〜 」とすごく恐縮しながら...。


 


その夢とは.... 「 アヴェマリア 」を歌いたいということ。


私は シューベルトのアヴェ・マリアが大好きだ。


いつかこの曲を、体全体で 心から気持ちよく歌ってみたいものだと夢見るようになっていた。


 


それでもこれまでは、決して日の目を見ることなく、 こっそり願うだけで終わっていた。


 しかし先生とお話しているうちに 私はすっかり心がほぐれてしまったようだ。


つい真っ直ぐにこの夢が 奥底から躍り出てきてしまったんだ。



打ち明けたあと、私は急にとても恥ずかしくなった。


発声もろくにやったことのない、ド素人の私が....やっぱり図々しかったかな〜と焦った。


 


しかし先生はあっさり、「 あら、いいわね。是非やりましょうよ、アヴェ・マリア。」とすぐに賛成なさってくださった。


 


先生は昔、シューベルトのお墓の前で、このアヴェ・マリアを歌ったことがあるそうだ。


 私はそのお話を伺った途端、何故だかドキドキして胸が高鳴った。


 


先生は「 さえこさんの少女のような願いを、どんどん叶えてゆきましょうよ。」と仰ってくださった。


私は 久しぶりにとても純粋な気持ちになって「 はい。」とお返事をした。


 


それから先生は魅力的な瞳をくるりと回して、


 「 アヴェ・マリアは、日本語で歌いたい?ドイツ語で歌いたい?」と私に訊ねてくださった。


その表情は、どこかいたずらっぽく 妙に印象的だった。


 


私は「ドイツ語で歌いたいです。」と即答した。


 


さあ、大胆な選択をしてしまったさっこである。


そのあとすぐに、私はアマゾンで 本を2冊購入した。


それは、これ。↓



楽譜にはドイツ語のカタカナ読みがふってあった。


しかしその時点ですでに、 


「 せっかくならば、カタカナ読みなどしないでちゃんとしたドイツ語で歌いたいな〜 」と ためらいなく思っていた。


 


それで次にくもん式に電話をして、ドイツ語の教材を取り寄せた。


 


さらっと読みすすめてみると、ドイツ語と英語の基本構文は、とても良く似通っている。


 


そのうちにひょんなことで、


大学受験もドイツ語で受験出来ることを知った。


 


私は生きているうちにもう一度 大学受験にチャレンジしてみたいという夢を持っている。


それも一般受験で 現役高校生に混ざって、正々堂々と受験したいと思っている。


できれば、超難関大学を....。(^┰^;)ゞ


あは♪ 


夢見る夢子のさっこが思い描くことは、どこまでも大胆不敵である。


 


その時に、ドイツ語で受験してみるのはどうだろうか?と ふと思いついた。


 


そのことを受験勉強中の娘に話したら、


娘も急にドイツ語で大学受験してみようかな〜と心が揺れ始めた。


 


それから根気よくネットサーフィンをして ドイツ語受験を導いてくれる塾を都内に発見した。


HPには、東大をはじめ、難関大学の合格実績が連なって記されていた。


 


娘の目指している大学も、毎年合格者が出ていた。


どうらやその塾は、ドイツ語受験に関して、きちんとしたノウハウを持っているようだった。


 


で、私は即行電話相談をしてみた。


そして成り行きで、明日は急遽 親子でその塾の個人面談に出かけることになった。


 


もう一つ引け加えておくと.....。


実は私が嫁いだこの家は、代々学者ばかりを生み出している学者の家だ。


嫁いだその日に、姑にそう言われた。


たぶん当時、品のない土建屋で生まれ育った嫁の私に対する嫌味だったのだろう....


 


かつて舅も 一流大学文学部のドイツ文学教授をしていた。


 


義兄もそのお嫁さんも、一流大学から大学院に進み、それからドイツの大学で更に研究を深め、


今現在、大学でドイツ史を教えている。


 


つまり義兄夫婦は、ドイツに十数年住んでいたので、ドイツ語はモチロンペラペラである。


 


そして彼らは今、我が家からそんなに離れた場所に住んでいるわけではないので、


もしドイツ語でつまづいた時は、


いつでも教えてもらえるかもしれない....。


 


明日も面談の帰りに、義兄夫婦が ドイツ語受験の相談にのってくれることになった。


 


今までちっとも気がつかなかったが、


もしかして私も娘も、ドイツ語を学ぶことについて、申し分ないくらい恵まれているのかもしれない。


 


 


.....ナンダカ不思議だ。


お歌の先生にであってから、何もかも 急展開でことが運んでいる.....。


 


ひょんなことから流れ出したドイツ語受験。


 


これはひょっとすると マリア様の導きかもしれない.....。


 


何故ならば、難関大学の英語の難易度に比べ、


ドイツ語は 大分ボリュームが縮小されるようだから。


 


それでも今までやってきたことを捨て去って新しい勉強をやりなおすなど


何かとても効率の悪いことをしようとしているのかもしれない。


 


しかしながら一方で、「 このドイツ語が、今後のすべてを繋げてゆくかもしれない...」と、どこかで心ときめいている。


 


ハートの震える方向へ 素直に進んでみたいと思う。 


この瑞々しい流れを信頼して。


今。



再びランキングに参加しはじめました♪


もしよろしければ、下のバナーに応援クリックしてくださると嬉しいです♪  


ありがとうございます♪


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。